Information Extraction from Public Meeting Articles

概要

Public meeting articles are the key to understanding the history of public opinion and public sphere in Australia. Information extraction from public meeting articles can obtain new insights into Australian history. In this paper, we create an information extraction dataset in the public meeting domain. We manually annotate the date and time, place, purpose, people who requested the meeting, people who convened the meeting, and people who were convened of 1258 public meeting articles. We further present an information extraction system, which formulates information extraction from public meeting articles as a machine reading comprehension task. Experiments indicate that our system can achieve an F1 score of 74.98% for information extraction from public meeting articles.

発表文献
SN Computer Science
Chenhui Chu
Chenhui Chu
招へい准教授
中島悠太
中島悠太
准教授

コンピュータビジョン・パターン認識などの研究。ディープニューラルネットワークなどを用いた画像・映像の認識・理解を主に、自然言語処理を援用した応用研究などに従事。

武村紀子
武村紀子
招へい准教授

パターン認識、機械学習等を用いた環境知能や歩容認証等に関する研究に従事。

長原一
長原一
教授

コンピューテーショナルフォトグラフィ、コンピュータビジョンを専門とし実世界センシングや情報処理技術、画像認識技術の研究を行う。さらに、画像センシングにとどまらず様々なセンサに拡張したコンピュテーショナルセンシング手法の開発や高次元で冗長な実世界ビッグデータから意味のある情報を計測するスパースセンシングへの転換を目指す。