Automatic evaluation of atlantoaxial subluxation in rheumatoid arthritis by a deep learning model

概要

This work aims to develop a deep learning model, assessing atlantoaxial subluxation (AAS) in rheumatoid arthritis (RA), which can often be ambiguous in clinical practice.

発表文献
Arthritis Research & Therapy
Bowen Wang
Bowen Wang
特任研究員
中島悠太
中島悠太
准教授

コンピュータビジョン・パターン認識などの研究。ディープニューラルネットワークなどを用いた画像・映像の認識・理解を主に、自然言語処理を援用した応用研究などに従事。

長原一
長原一
教授

コンピューテーショナルフォトグラフィ、コンピュータビジョンを専門とし実世界センシングや情報処理技術、画像認識技術の研究を行う。さらに、画像センシングにとどまらず様々なセンサに拡張したコンピュテーショナルセンシング手法の開発や高次元で冗長な実世界ビッグデータから意味のある情報を計測するスパースセンシングへの転換を目指す。