Development of a vertex finding algorithm using Recurrent Neural Network

概要

Deep learning is a rapidly-evolving technology with the possibility to significantly improve the physics reach of collider experiments. In this study we developed a novel vertex finding algorithm for future lepton colliders such as the International Linear Collider. We deploy two networks: one consists of simple fully-connected layers to look for vertex seeds from track pairs, and the other is a customized Recurrent Neural Network with an attention mechanism and an encoder–decoder structure to associate tracks to the vertex seeds. The performance of the vertex finder is compared with the standard ILC vertex reconstruction algorithm.

発表文献
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment
長原一
長原一
教授

コンピューテーショナルフォトグラフィ、コンピュータビジョンを専門とし実世界センシングや情報処理技術、画像認識技術の研究を行う。さらに、画像センシングにとどまらず様々なセンサに拡張したコンピュテーショナルセンシング手法の開発や高次元で冗長な実世界ビッグデータから意味のある情報を計測するスパースセンシングへの転換を目指す。

中島悠太
中島悠太
准教授

コンピュータビジョン・パターン認識などの研究。ディープニューラルネットワークなどを用いた画像・映像の認識・理解を主に、自然言語処理を援用した応用研究などに従事。

武村紀子
武村紀子
招へい准教授

パターン認識、機械学習等を用いた環境知能や歩容認証等に関する研究に従事。